FXのスプレッドの意味とは?
FXには様々な専門用語が登場します。
その一つである「スプレッド」は、
実際に取引を行う上で非常に重要な意味を持つ言葉です。
FXにおけるスプレッド(spread)は、
簡単に言うと、
外貨を買う時の値段(買値やAskと表現されます)と
外貨を売る時の値段(売値やBidと表現されます)の差を表す用語です。

たとえばドル円のレートが100.10~100.13の場合、
スプレッドは3銭ということです。
日本語に直訳すると「広がり」という意味になるように、
その通貨ペアの二つの市場価格の差分を表しています。

FX会社を選ぶ際にはスプレッドが重要な要素となります。
今は手数料無料のFX会社が多いので、
ほとんどの場合、
売買コスト=投資家がFX業者に支払う料金=スプレッドとなります。


海外FX業者は、一般的に取引手数料は無料のものがほとんどなのですが、
取引手数料を有料にすることで「米ドル/円」のスプレッドが0.1銭など
破格の狭さになっていることがあります。
もちろん、取引額と取引回数が多くなれば、
こちらの方がお得なのですが、
初心者の方は間違えないようにしましょう。

★実際のところ、スプレッドの狭さだけでなく、
約定率(投資家が意図する価格、
タイミングで取引が成立する確率)の高さ、
スワップポイント(通貨を取引することで得られる金利)の高低、
入金ボーナスやキャッシュバック等のキャンペーンの有無、
入出金手数料の有無などを、総合的に判断し、
開設する口座を選択すべきです。
これら全てを踏まえて、
『海外FX業者ランキング』を作成しましたので、
興味のある方は、ご覧ください。↓

☆海外FX業者ランキング・総評はこちらをクリック!☆



▼『良くない口コミ・評判の書き込みが見られる業者』は、
比較一覧から除外している場合があります。

★『良くない口コミ・評判の書き込みが見られる業者』の記事はこちらをクリック!☆



●海外FX会社のスプレッド比較一覧表
※スプレッドは常に変動します。参考値としてお考え下さい。
ALL海外fxスプレッドスワップ比較222



◇FX取引の金利である「スワップ金利」の仕組み
FX取引は金利の異なる2つの通貨を売買するため、
2つの国の金利差が発生します。
スワップポイントとは、
この金利差を日割りしたものです。
例えば金利の低い通貨を売り、
金利の高い通貨を買った場合、
スワップポイントを受け取ることになります。

しかし、取引する通貨ペア次第では、
支払わなければならないケースも発生するので、
FXではスワップポイントの授受を考慮して
取引する必要があります。



●先に結論を言います。
比較するまでも無い。
海外業者のスワップは良くない!!
ほぼ全ての海外FX業者のスワップ金利は
日本国内業者に比べて低い!!
ポジションをとるだけで、
マイナス・スワップのつく通貨は、
日本の業者に比べて高いです。
要するに、損です。


【そもそも海外FX業者を
スワップ金利目的で使う必要はない】

スワップトレード=長期保有・です。

スワップによる利益を狙った投資は海外FXには適していません。
それには海外FXの特徴であるハイレバレッジや、
超短期売買が大きく関わっています。

スワップポイントを得るためにはポジションを
長期保有することが鉄則です。
さらに、ある程度まとまったスワップポイントを得ていくには、
大きめのロットを保有することも必要になるでしょう。

大きめロットを保有すると、
少し反対方向に値が動いただけで損が大きくなり、
強制ロスカットにあいやすくなります。
少ない口座残高で数百倍の高いレバレッジで取引するなら、
長期保有は向きません。

大きいロットのポジション保有するためには、
証拠金がたくさん必要になります。

大きな金額を長期間使えない状態で押さえられていると、
取引チャンスが巡ってきたときに、
少ない残高では思うように新しいポジションを持てない、
といった影響が出ます。

スワップによる利益を狙った投資は、
レバレッジが低くても、日本国内業者の方が
スプレッドも一般的に狭く、
スワップも良いので、向いています。

海外FXを利用するメリットは、
ハイレバでの超短期売買、
いわゆるハイレバスキャルピングです。
日本のFX業者を使わずに海外FX業者を使う理由は、
ハイレバレッジを利用した
ハイリスク・ハイリターントレードがほとんどのはずです。
そのため預ける資金自体少なくなるはずなので
スワップ金利は気にしなくてもよいのです。
スワップ生活を希望するような多くの資金を持った人には
海外FX業者は必要ないように思います。



税金面についても、国内FXの場合、
いわゆる申告分離課税が適用されます。
一律20.315%と決まっており、
どれだけ稼ごうとも税率が変化する恐れはありません。
また、国内FXの場合、「3年間の繰越控除」ができます。
これは3年先の確定申告までの間に、
もし利益が発生してもあらかじめ確定申告している損失があれば、
その損失と向こう3年の間に発生した利益を相殺することができ、
課税対象となる金額を抑える効果があります。
今年マイナスでも、向こう3年の間の利益を相殺して、
節税になるのです。
また、国内FXの場合、CFDやバイナリーオプション、商品先物、
日経225先物、TOPIX先物などと損益通算することが可能なのです。

これが海外FX取引の場合、できません。
スワップ狙いの長期保有に海外FX業者取引が向いていない
点のひとつと言えます。

☆『国内FX業者・海外FX業者・
仮想通貨(ビットコイン等)の確定申告方法と
税金まとめ』記事はこちらをクリック!☆


◎スワップの特徴として、
保有ポジションを翌取引日に持ち越した場合にのみ発生します。
よって、取引日が変わるまで
(業者によってその日の取引終了の時間が異なるので注意しましょう)に、
ポジションを利確、損切りするように
心がけましょう。
特に、一般的にFXおよびメタル取引では、
毎週水曜日に持ち越し(ロールオーバー)された取引は、
週末分と併せて3日分のスワップが反映されます。
プラススワップの通貨の場合は良いですが、
マイナススワップの通貨を保有している場合は、
特に気を付けましょう。マイナスも3倍となります。


◆スワップの確認方法
多くの海外FX業者は、自社のサイト内で
スワップを表記しています。
また、XMのように
自社のサイト内で
『XMのFX計算ツール(オールインワン計算ツール、通貨換算ツール、
ピップ値計算ツール、 証拠金計算ツール、スワップ計算ツール)』
のように、スワップなどが
数字を入力するだけで、計算できるサイトもあり便利です。
☆『XMのFX計算ツール(オールインワン計算ツール、通貨換算ツール、ピップ値計算ツール、 証拠金計算ツール、スワップ計算ツール)』記事はこちらをクリック!☆


☆多くの方が利用されている
MT4のスワップの確認方法を記載しておきます。

1. MT4の気配置表示の通貨ペアリスト上を右クリックし、「仕様」 を選択

mt4スワップ確認方法

2. 取引条件ウィンドウ上をスクロールダウンし、買いスワップまたは売りスワップを確認
※スワップは、日々更新されます。.

☆1日のスワップポイントを算出するための計算式
契約サイズ × 取引数量 (Lot) × 最小価格変動値 × スワップポイント

計算例:
・契約サイズ :100,000
→ MT4で調べたシンボル別取引条件に記載されています。
FX会社で設定された1Lot当たりの取引数量です。
・取引数量 (Lot) :0.1Lot
→ 調べたい取引数量をロットで入れてください。
・最小価格変動値:0.001
→ 通貨ペアによって異なりますが、気配値等に記載されたレートを見ると一目瞭然です。
通貨ペアの右側に表示される決済通貨が円の場合は、小数点第3位 0.001 となります。
・スワップポイント:2.22
→ ロングの場合は買いスワップ、ショートの場合は売りスワップを入れて計算します。

100,000 × 0.1 × 0.001 × 2.22
= 1日のスワップポイントは 22.2円 です
※ 算出したスワップポイントの通貨は、AUDJPYなら円、EUDUSDならドル、となります。



★『良くない口コミ・評判の書き込みが見られる業者』の記事はこちらをクリック!☆




☆海外FX業者ランキング・総評はこちらをクリック!☆

関連記事